EDINET

よくある質問回答

共通

Q1.  ブックマーク(お気に入りに追加)できますか。

A1.  画面をブックマーク(お気に入りに追加)することができます。
特に、検索結果画面をブックマーク(お気に入りに追加)すると、検索に使用した条件が保存されます。同じ提出者の書類を毎日チェックされる方などは、改めて条件を設定し直す必要がなく便利です。

【使い方】
画面上部に表示されているブラウザのメニューからブックマーク(お気に入りに追加)を行います。
・Internet Explorerの場合:「お気に入り」から「お気に入りに追加」を選択。
・Firefoxの場合:「ブックマーク」から「このページをブックマーク」を選択。

【事例(Internet Explorerの場合)】
書類簡易検索画面にて、「EDINET株式会社」のEDINETコード「E04989」を指定して検索した検索結果を「お気に入り」に 登録します。

1.EDINETコード「E04989」を指定して検索します。「EDINET株式会社」の書類検索結果が、検索結果画面に表示されます。

よくある質問(Q)へ戻る

Q2.  画面の文字を大きくできますか。

A2.  次の2つの方法で画面の文字サイズを変更することができます。

【使い方1】
文字サイズ変更ボタンを使用して文字サイズを変更する

画面右上部にある「文字の大きさ」「小」「大」をクリックすると、文字サイズが切り替わります。
文字の大きさ

【使い方2】
ブラウザの文字サイズ変更機能を使用して文字サイズを変更する

文字サイズを更に大きくしたい場合は、ブラウザごとに、次の方法で文字サイズを変更することができます。
 ・Internet Explorerの場合:「表示」から「文字のサイズ」を選択。
 【事例(Internet Explorerの場合)】

【事例(Internet Explorerの場合)】
Internet Explorerの場合

なお、文字サイズ変更により、ページレイアウトが崩れる場合があります。

よくある質問(Q)へ戻る

事前準備

Q1.  『書類閲覧用端末要件』に記載がないOSやWebブラウザなのですが、閲覧はできますか。

A1.  『書類閲覧用端末要件 1 操作環境について』に記載の操作環境のみ動作確認を実施しております。異なる環境の端末では、適切に閲覧ができないことがあります。

よくある質問(Q)へ戻る

Q2.  コンピュータのOSとして、Windows 7、Windows 8.1及びWindows 10と指定されていますが、Professional Edition、Home Premium Edition等製品タイプの指定はありますか。

A2.  動作確認はProfessional Editionにて行っておりますが、Home Premium Edition等でも利用できます。

よくある質問(Q)へ戻る

Q3.  EDINETで書類閲覧をしたいのですが、Javaのインストールは必要ですか。

A3.  書類閲覧には必要ありません。

よくある質問(Q)へ戻る

Q4.  書類を閲覧しようとしたところ以下のような警告が出ました。どうすればよいのでしょうか。
「このWebサイトのセキュリティ証明書には問題があります。」

A4.  「アプリケーション認証局の自己署名証明書」がブラウザに設定されていない場合に表示されます。
Internet Explorerを使用する方は、初めてEDINETにアクセスした際に、自動設定されるので特段の作業は必要ありません。
Internet Explorerを使用する方で、「ルート証明書の更新」プログラムが有効でない端末をお使いの場合、若しくはFirefoxを使用する方は、端末への事前設定が必要となります。設定が必要であるかの確認方法及び設定方法については『書類閲覧用端末要件 2-3 証明書の設定』を参照してください。

よくある質問(Q)へ戻る


検索

Q1.  「操作ガイド」にあるXBRL関連技術資料、サンプルインスタンス等は何に使用するのですか。

A1.  提出書類の作成やXBRLデータを使用して分析を行う方のために提供しています。HTML形式又はPDF形式の書類の閲覧のみを行う方は読まなくても支障はありません。

よくある質問(Q)へ戻る

Q2.  EDINETで書類閲覧をする場合、利用時間の制限はありますか。また、閲覧のための手続が何か必要ですか。

A2.  インターネット経由で閲覧する場合、利用時間の制限や閲覧のための手続はありません。
ただし、システムのメンテナンスのため、閲覧できないことがあります。

よくある質問(Q)へ戻る

Q3.  当日書類の一覧を閲覧したいのですが、どうすれば見られるのでしょうか。

A3.  書類簡易検索又は書類詳細検索を選択し、提出期間の欄にて「当日」を指定してください。

よくある質問(Q)へ戻る

Q4.  EDINETを閲覧したいのですがEDINETコードや会社の正式名称が分かりません。どうすれば良いですか。

A4.  例えば、正式名称「東京○○株式会社」に関し、「東京」という名称しか分からない場合は、各検索画面の名称欄に「東京」と入力し、検索をクリックすると「東京」という名称を冠した一覧が表示されますので、その中から検索することもできます。

よくある質問(Q)へ戻る

Q5.  大量保有報告書の閲覧をしたいのですが、検索方法が分かりません。

A5.  書類詳細検索を選択し、発行者名称等の検索キーワードの入力を行ってください。

よくある質問(Q)へ戻る

Q6.  キーワード検索は完全一致ですか。部分一致ですか。

A6.  本システムのキーワード検索は「部分一致」です。ただし、法人番号での検索は「完全一致」のみです。
部分一致検索とは、検索条件に設定したキーワードを含む文字列を検索することをいいます。

【例1】EDINETコード欄に「123」と入力→「E12345」「E00123」「E01230」のように、「123」が含まれるEDINETコードを検索します。

【例2】名称欄に「EDINET」を入力→「EDINET銀行」「東京EDINET商会」のように、「EDINET」が含まれる名称を検索します。

よくある質問(Q)へ戻る

Q7.  あいまい検索はできますか。

A7.  あいまい検索は可能です。あいまい検索とは、キーワードが完全に一致していなくても、一定のルールに基づいて違いを区別せずに検索を行うことをいいます。
次の表のルールに対応しています。


種類 説明 入力例
「・」(中点)の有無 「・」の有無を区別せずに検索 「エディネット」と入力した場合、「エディ・ネット」等の名称についても検索します。

よくある質問(Q)へ戻る

Q8.  複数のキーワードを入力した検索はできますか。

A8.  複数のキーワードを入力した検索を行うことができます。
複数のキーワードを入力した検索方法として、AND検索、OR検索及び排他検索に対応しています。
次の表に、AND検索、OR検索及び排他検索の説明と入力例について示します。


種類 説明 入力例 入力例の意味と検索結果例
AND検索 複数のキーワードを指定し、その全てが含まれる書類若しくは文字列を検索します。
キーワードの間はスペースで区切ります。
自動車 工業 「自動車」と「工業」の双方を含む文字列を検索します。
(検索結果例)
EDINET自動車工業株式会社
OR検索 複数のキーワードを指定し、そのいずれかが含まれる書類若しくは文字列を検索します。複数のキーワードの間に「OR」を入力します。 自動車 OR 工業 「自動車」と「工業」のいずれかを含む文字列を検索します。
(検索結果例)
EDINET自動車株式会社
EDINET工業株式会社
EDINET自動車工業株式会社
排他検索 あるキーワードが含まれている書類若しくは文字列を検索結果から除いて検索します。
除きたいキーワードの前に「-」を入力します。
自動車 -工業 「自動車」を含み、「工業」を含まない文字列を検索します。
(検索結果例)
EDINET自動車株式会社

よくある質問(Q)へ戻る

Q9.  書類簡易検索画面で特定の条件に絞った検索はできますか。

A9.  書類簡易検索画面の「提出者/発行者/ファンド」欄には、コードや名称等様々な条件をキーワードとして検索を行うことができますが、検索のキーワードの前に「接頭辞」(検索条件として入力するキーワードの先頭に付与する付加情報) を付与することで、特定の条件に絞った検索を行うことができます。

利用できる接頭辞は次のとおりです。

種類 接頭辞 接頭辞の意味 入力例 入力例の意味
コードの種類を定義する接頭辞 e: EDINETコード e:999 EDINETコードに「999」が含まれる書類を検索します。
g: ファンドコード g:999 ファンドコードに「999」が含まれる書類を検索します。
c: 証券コード c:999 証券コードに「999」が含まれる書類を検索します。
h: 法人番号 h:9999999999999 提出者法人番号が「9999999999999」(13桁)と一致する書類を検索します。
名称を定義する接頭辞 s: 提出者名称 s:EDINET銀行 提出者名称に「EDINET銀行」が含まれる書類を検索します。
i: 発行者名称 i:EDINET銀行 発行者名称に「EDINET銀行」が含まれる書類を検索します。
f: ファンド名称 f:EDINET銀行 ファンド名称に「EDINET銀行」が含まれる書類を検索します。
特定のコードを定義する接頭辞 es: 提出者
EDINETコード
es:999 提出者EDINETコードに「999」が含まれる書類を検索します。
ei: 発行者
EDINETコード
ei:999 発行者EDINETコードに「999」が含まれる書類を検索します。
cs: 提出者
証券コード
cs:999 提出者証券コードに「999」が含まれる書類を検索します。
ci: 発行者
証券コード
ci:999 発行者証券コードに「999」が含まれる書類を検索します。

よくある質問(Q)へ戻る

Q10.  企業が名称変更した場合などに過去の名称でも検索できますか。

A10.  過去の提出者/発行者/ファンド名称も検索対象となります。
例えば、「EDINET商事」が社名変更し「EDINETホールディングス」となった場合でも、旧名称である「EDINET商事」で検索すると最新名称での検索時と同一の結果となります。 ただし、検索結果画面の表示名称は最新名称(例の場合では「EDINETホールディングス」)となります。合併会社は、存続会社のみが過去名称の検索対象となります。

よくある質問(Q)へ戻る

Q11.  読み仮名や英語名称での検索はできますか。

A11.  読み仮名及び英語名称での検索を行うことができます。それぞれ次の画面及び項目で対応しています。

画面名 項目名 読み仮名 英語名称
書類簡易検索 「提出者/発行者/ファンド」
(提出者及び発行者のみ)
書類詳細検索 書類提出者情報を指定する
「提出者名称」
有価証券発行者情報を指定する
「発行者名称」
ファンド情報を指定する
「ファンド名称」
 
全文検索 書類提出者情報を指定する
「提出者名称」
有価証券発行者情報を指定する
「発行者名称」
ファンド情報を指定する
「ファンド名称」
 

よくある質問(Q)へ戻る

Q12.  設定した検索条件のクリアはできますか。

A12.  左メニューの画面のリンクをクリックすることで、設定している検索条件をクリアし、初期状態に戻すことができます。
例えば、書類簡易検索画面利用時に検索条件をクリアしたい場合は、左メニューより「書類簡易検索」をクリックすると、 設定している検索条件をクリアし、初期状態に戻すことができます。

よくある質問(Q)へ戻る

Q13.  検索結果画面では、指定した検索条件は表示されないのですか。

A13.  検索結果画面上部の各検索条件バー(※)は、一部を除き初期状態では閉じられていますが、各検索画面で設定された条件は保持しており、検索条件バーを開くと、設定された条件が表示されます。

※検索条件バーとは「書類提出者情報を指定する」「有価証券発行者情報を指定する」等が表示されているバーのことです。

1.書類詳細検索結果画面の初期状態:検索条件バーはすべて閉じた状態です。
書類詳細検索結果画面の初期状態

2.検索条件バー(例:決算期/提出期間を指定する)を開くと、検索時に設定した条件は保持されています。
検索時に設定した条件は保持

よくある質問(Q)へ戻る

Q14.  検索結果画面の「提出者/ファンド」リンクをクリックするとどうなりますか。

A14.  検索結果画面に表示される「提出者/ファンド」「発行/対象/子会社/臨報提出事由」のリンクをクリックすると、クリックした 「提出者/ファンド」「発行/対象/子会社/臨報提出事由」を条件に追加しての絞り込み検索を行うことができます。
例えば、「提出者/ファンド」列で「エディネット株式会社」をクリックすると、検索結果が 「エディネット株式会社」の書類のみに絞られます。
「提出者/ファンド」列クリック後の状態

よくある質問(Q)へ戻る

Q15.  大量保有報告書を閲覧したいのですが、共同保有者名から検索することはできますか。

A15.  共同保有者名での検索はできません。ただし、平成20年3月以降に提出された大量保有報告書については、連名提出している共同保有者名であれば検索することができます。

よくある質問(Q)へ戻る

Q16.  PDF形式の書類を見ることができません。どうしたら良いでしょうか。

A16.  最新版のAdobe Readerをインストールしてください。最新版のAdobe Readerはこちらよりダウンロードできます(http://www.adobe.com/jp/)(無料)。

よくある質問(Q)へ戻る

Q17.  提出された書類の一覧は、どのような順に画面表示されるのでしょうか。

A17.  提出された書類は、画面上において①提出日時分秒、②①が同時である場合は、提出者EDINETコード、③②が同じ場合は、ファンドコードの順に上から表示されます。

よくある質問(Q)へ戻る

Q18.  合併消滅した会社の開示書類を検索したいのですが、検索方法がわかりません。

A18.  合併消滅会社のEDINETコード又は会社名により検索することができます。

よくある質問(Q)へ戻る

Q19.  EDINETコードリストへの掲載は、提出者がEDINETへ電子開示システム届出をした時点で掲載されるのでしょうか。

A19.  EDINETコードリストへの掲載は、EDINETへ電子開示システム届出した者が、初めて開示書類を提出した時点で掲載されます。また、既に開示している書類がなくなった時点でEDINETコードリストから削除されます。

よくある質問(Q)へ戻る

Q20.  書類が提出されているはずですが、提出書類の一覧に表示されず、閲覧することができません。

A20.  書類の閲覧ができない理由は、次のいずれかになります。
①当該書類の提出がされていない。
②書類ごとに縦覧期間(有価証券報告書の場合、受理した日から5年を経過する日まで)が定められており、その縦覧期間が終了している。

よくある質問(Q)へ戻る


API

Q1.  EDINET APIを利用するに当たり、ログイン認証は必要ですか。

A1.  ログイン認証は必要ありません。また、ログイン認証を導入する予定はありません。

よくある質問(Q)へ戻る

Q2.  EDINET APIの改訂の頻度やタイミングを教えてください。

A2.  EDINET APIを将来改訂する可能性はありますが、現時点では、改訂の予定はありません。

よくある質問(Q)へ戻る

Q3.  EDINET APIのパラメータにバージョンがありますが、バージョンはどのような場合に修正されるのでしょうか。

A3.  EDINET API利用者のインターフェースに影響が出るような変更を行う場合は、バージョンを変更することになります。
インターフェースに影響のない修正ではバージョンは変更しません。機能改善等の変更を行う場合には、事前にEDINET閲覧サイトでのお知らせを予定しています。

よくある質問(Q)へ戻る

Q4.  EDINETコードリストとファンドコードリストについて、リストの内容は変化すると思いますが、このリストへのリンク自体は固定的なものでしょうか。

A4.  『EDINET API仕様書』に記載の固定的なリンクです。

よくある質問(Q)へ戻る

Q5.  縦覧が終了したと判断する条件を教えてください。

A5.  『EDINET API仕様書』の「縦覧の終了」を参照してください。

よくある質問(Q)へ戻る

Q6.  これまでクローリングで取得できていた書類は、EDINET APIでも全て取得できますか。

A6.  クローリングで取得できる開示中の提出書類は、全て取得できます。
ただし、閲覧画面における目次のHTMLファイル及びヘッダーのHTMLファイルは取得できません。

よくある質問(Q)へ戻る

Q7.  開示された書類の情報がEDINET APIに反映されるまで、EDINET上の情報と差異は生じますか。

A7.  一時的に差異は生じますが、1分程度で差異は解消します。

よくある質問(Q)へ戻る

Q8.  EDINET APIによる書類一覧の取得はどのくらいのインターバルで行えば良いでしょうか。

A8.  1分に1回程度しか更新されないので、1分に1回又はそれ以下の頻度でアクセスすることにより、効率的な取得が可能です。

よくある質問(Q)へ戻る

Q9.  一日分のメタデータ及び提出書類一覧が確定したことは、どのように判断すればよいでしょうか。

A9.  翌日分の「当日ファイル」が書類一覧APIで取得可能になっていれば、前日分のファイルが確定したと判断できます。
『EDINET API仕様書』の「過去分のデータ更新タイミング」を参照してください。

よくある質問(Q)へ戻る

Q10.  『EDINET API仕様書』の「過去分データの更新タイミングについて」において更新開始時刻は24時過ぎとありますが、何時から開始して、どのくらいの処理時間を想定していますか。

A10.  24時以降に開始します。日によって提出される書類数が異なるため更新終了時間も異なりますが、24時5分~10分頃を想定しています。

よくある質問(Q)へ戻る

Q11.  どのような場合に開示書類が不開示となるのか事例を教えてください。

A11.  担当の財務(支)局にて不適切な書類と判断した書類について不開示とする措置を行います。

よくある質問(Q)へ戻る

Q12.  財務(支)局等職員による書類情報修正において、書類管理番号が変わる場合がありますか。

A12.  書類情報修正で書類管理番号が変わることはありません。
財務(支)局等職員による書類情報修正によって修正される場合がある項目については、『EDINET API仕様書』の「財務局職員による書類情報修正」を参照してください。

よくある質問(Q)へ戻る

Q13.  「訂正」と「書類情報修正」の違いを教えてください。

A13.  【訂正】金融商品取引法では、一旦提出された提出書類の内容について、訂正を行う必要が生じた場合には、提出者において訂正報告書を提出することとなります(書類管理番号も変わります。)。

【書類情報修正】提出された書類のヘッダ情報等の書類に紐付く情報に誤りがあった場合に財務局職員が修正を行うものです。(書類管理番号は変わりません。)。

よくある質問(Q)へ戻る

Q14.  『EDINET API仕様書』の「メタデータ及び提出書類一覧の更新タイミング 」の注意書きにて「提出書類一覧は一定タイミングで更新されるため、EDINET上では開示されていない書類が、提出書類一覧に開示中の提出書類として残っている状態が起こりえます。」とありますが、この事象は、当日分、過去分問わず起こりうる事象でしょうか。

A14.  取下げ及び不開示措置において起こりえます。詳細は『EDINET API仕様書』の別紙2を参照してください。

よくある質問(Q)へ戻る

Q15.  HTTP通信方式としてTLSサポートで暗号化を行うとしていますが、TLSのバージョンを教えてください。

A15.  TLSは1.0~1.2に対応していますが、TLS1.2での通信を推奨します。

よくある質問(Q)へ戻る

Q16.  開示書類が大量に提出され、事業者からのアクセスが集中した場合、IPアドレスやドメインで一時的にアクセス制限等が実施されることがありますか。

A16.  EDINET APIに限らず、処理能力に支障が生じた際にアクセス制限を行う場合があります。
節度のある利用をお願いします。

よくある質問(Q)へ戻る

Q17.  書類取得APIで取得した英文書類のファイル名が文字化けしているケースがあります。

A17.  提出ファイル仕様上、ファイル名は半角の英数字、アンダースコア、ハイフンの何れかで作成、提出することにしておりますが、ファイル名を全角文字として提出されたファイルは、御利用されている環境により文字化けする場合があります。

よくある質問(Q)へ戻る

XBRL

Q1.  XBRLとは何ですか。

A1.  XBRLとは、財務情報を効率的に作成、流通及び利用できるよう、国際的に標準化されたコンピュータ言語です。XBRLでは財務報告の電子的ひな形である「タクソノミ」を基に、財務報告内容そのものを表す「インスタンス」を作成します。閲覧する方はXBRLデータを分析システム等に直接取り込むことが可能となり、事務負担の軽減やより高度な財務分析を行うことができます。

よくある質問(Q)へ戻る

Q2.  EDINETタクソノミとは何ですか。

A2.  EDINETタクソノミは、EDINETが提供する、財務報告のための電子的ひな形です。有価証券報告書等の提出者は、EDINETタクソノミを使用して書類を作成します。EDINETタクソノミの詳細については、『EDINETタクソノミの概要説明 1章 EDINETにおけるXBRLの概要 1-2 タクソノミとは』を参照してください。

よくある質問(Q)へ戻る

Q3.  XBRLはどのように利用することができますか。

A3.  EDINETに提出されたXBRL開示書類は、EDINETの検索画面に表示されるXBRLアイコンから又はダウンロード画面からダウンロードすることができます。XBRL開示書類をXBRLデータとして利用するには、XBRLツール又はXBRLに対応した情報システム等が必要です。ダウンロード画面からのダウンロード方法については、『書類閲覧操作ガイド 1章 EDINETの基本操作 3-2 ダウンロード』を参照してください。

よくある質問(Q)へ戻る

Q4.  EDINETにて提出されたXBRLデータは、どのように取得できますか。

A4.  ・縦覧
書類簡易検索結果(一覧)画面、又は書類詳細検索結果(一覧)画面の一覧にて書類にXBRLが提出されていた場合、XBRLアイコンが表示されます。
XBRLアイコンをクリックすることにより、クリックした書類のXBRLを取得することができます。
また、XBRL一括ダウンロードボタンをクリックすることにより、検索結果に表示されている書類(最大100件)のXBRLを一括で取得することができます。
(取得ファイル内に書類管理番号ごとにXBRLデータがまとめられています。)
詳細は、『書類閲覧操作ガイド 2章 有価証券報告書等の検索』を参照してください。

・XBRL一括
XBRL一括ダウンロード指定画面では過去1日分の日付、業種・書類種別ごとにまとめたXBRLを過去1か月程度遡って一括でダウンロードし、取得することができます。それ以前のXBRLデータについては、「詳細検索」ページで検索・ダウンロードできます。
詳細は、『書類閲覧操作ガイド 5章 ダウンロード』を参照してください。
(取得ファイル内に書類管理番号ごとにXBRLデータがまとめられています。)

よくある質問(Q)へ戻る


ページ先頭へ