金融庁

金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム

EDINET

閲覧 有価証券報告書等の開示書類を閲覧するサイト

English

  • トップページ
  • 書類検索
  • 公告閲覧
  • 書類比較
  • ダウンロード
EDINETに関するお知らせは、トップメニューのお知らせ一覧にも掲載しておりますので、あわせて御確認ください。

Windows Vistaの製品サポート終了に伴う
端末要件の変更について必ず御確認ください。

 

「Windows Vista」の製品サポート終了に伴い、EDINETの…続きを読む

「Windows Vista」の製品サポート終了に伴い、EDINETの端末要件から「Windows Vista」を除外する予定です。
なお、「Windows Vista」は、直ちにEDINETが御利用できなくなるわけではありませんが、OSのバージョンアップを推奨します。
(当該OSに起因する不具合と思われるお問い合わせに対し、対応ができない場合があります。)

EDINETのサーバー証明書及び
コード署名証明書の更新について必ず御確認ください。

 

平成28年9月19日に、EDINETのサーバー証明書及びコード署名証明書を更新し…続きを読む

平成28年9月19日に、EDINETのサーバー証明書及びコード署名証明書を更新しました。
XBRLからCSVへの変換ツールを御利用の方は、ダウンロード画面より、最新のツールをダウンロードしてください。

Windows10の御利用について
(平成28年3月19日更新)必ず御確認ください。

 

EDINETは、平成28年3月19日にOS「Windows10」、Webブラウザ…続きを読む

EDINETは、平成28年3月19日にOS「Windows10」、Webブラウザ「Internet Explorer11」及び「Firefox」の組合せに対応しました。
※Webブラウザ「Microsoft Edge」への対応は未定です。

上記に伴い、EDINETの端末要件にOS「Windows10」、Webブラウザ「Internet Explorer11」及び「Firefox」の組合せを追記しました。
詳細は、最新の端末要件を御確認ください。

Internet Explorerサポートポリシー変更に伴う
端末要件の変更について(平成28年1月12日更新)必ず御確認ください。

 

マイクロソフト社のInternet Explorerサポートポリシーの…続きを読む

マイクロソフト社のInternet Explorerサポートポリシーの変更に伴い、EDINETの端末要件からマイクロソフト社のサポート対象外となるWindows OS及びInternet Explorerの組合せを除外しました。

■平成28年1月12日以降、EDINETで利用可能な操作環境
・Windows8.1 … Internet Explorer11
・Windows7 SP1 … Internet Explorer11
・Windows Vista SP2 … Internet Explorer9
※上記組合せの他にWebブラウザ「Firefox」の利用も可能です。

直ちにEDINETが利用できなくなるわけではありませんが、Internet Explorerのバージョンアップを推奨します。
(上記以外の操作環境に起因する不具合と思われるお問い合わせに対し、対応ができない場合があります。)

HTTPS通信に関するブラウザの設定変更について(SSL3.0の脆弱性への対応)
(平成27年10月3日更新)必ず御確認ください。

 

EDINETでは、HTTPSによる暗号通信を使用していますが、HTTPS通信で使…続きを読む

EDINETでは、HTTPSによる暗号通信を使用していますが、HTTPS通信で使用する通信方式のひとつであるSSL3.0には、通信の一部が解読可能となる脆弱性が存在します。

EDINETでは、情報セキュリティ保護の観点からSSL3.0を無効化しました。
SSL3.0のみを有効にしているブラウザからは、EDINETへのアクセスができないため、ブラウザの設定をTLS1.0以上に変更してください。

開示情報に関する利用申請書の提出について

 

金融庁ではEDINETの安定稼働に当たり、クローラー等のツールを利用したアクセスによる負荷を把握するため、開示情報に関する利用申請書(以下「申請書」という。)を提出いただいております。そこで、自社又は市販のツールにより、EDINETからデータを取得されている(取得を予定している)方におかれましては、申請書の提出をお願いいたします。
なお、記載内容が不十分な場合は、再提出をお願いする場合もございますので、各項目について詳細に記載してください。
【提出方法】
上記の申請書をダウンロードしていただき、必要事項を記入し押印の上、下記の宛先まで郵送してください。
<宛先>
〒100-8967 東京都千代田区霞が関3-2-1 金融庁総務企画局企業開示課電子開示係

注意(未公開株、ファンド等の取引について)

 

●「未公開株」「私募債」「ファンド(組合など)」の証券の取引に関してトラブルが発生しており、また、「EDINETに証券の情報を開示しているので安心である。」、「財務局受理印が押されているので安心である。」といった違法的な勧誘が行われているとの情報が寄せられています。
●金融庁・財務局はEDINETに開示している情報について、
 ①開示内容について真実・正確と認定すること
 ②開示内容に投資判断上の重要な事項の記載が欠けていないと認定すること
 ③開示している有価証券の価値を保証・承認すること
一切ありませんので、くれぐれも御注意ください。
●なお、有価証券の取引に関し、上記①~③のような表示を行うことは、法により禁止されておりますので、御注意ください。

更新情報

 

平成29年2月3日 よくある質問が更新されました。(XBRL)
平成28年10月14日 2017年版EDINETタクソノミ(案)が公表されました。
平成28年9月19日 書類閲覧用端末要件が更新されました。
平成28年3月14日 2016年版EDINETタクソノミが公表されました。
平成28年1月29日 利用規約が更新されました。
平成27年4月30日 2015年版EDINETタクソノミ(開示府令改正対応版)が公表されました。
平成27年3月10日 2015年版EDINETタクソノミが公表されました。

「セキュリティ証明書」についての画面が表示された場合

 

当システムにアクセスした際に、「セキュリティ証明書」についての画面が表示された場合は、端末への設定が必要となります。端末設定方法に関する詳細及びブラウザ等の推奨環境については、端末要件別窓を開くを御覧ください。 その他、当システムについての詳細は、操作ガイド別窓を開くの各種ガイドを御覧ください。

書類検索

 
書類簡易検索
検索条件としてよく使われる「書類の提出者/有価証券の発行者/ファンド情報」、「書類種別」又は「決算期/提出期間」のみを指定して、書類検索を行うことができます。
 
書類詳細検索
書類簡易検索画面で指定できる検索条件のほか、書類の提出者又は有価証券の発行者の「業種」、「種別」等、より詳細な検索条件を指定して、書類検索を行うことができます。
 
全文検索
書類本文に含まれる「文字列」を指定して、検索を行うことができます。その際、書類の提出者又は有価証券の発行者の「業種」、「種別」等だけでなく、「目次」を指定して、検索範囲を絞ることができます。

公告閲覧

 
公告閲覧
公告を閲覧することができます。

書類比較

 
書類比較
同一の書類提出者の複数期の書類、異なる書類提出者の同じ期の書類等の観点で、 複数の書類を並べ、比較を行うことができます。

ダウンロード

 
XBRL(一括)
開示書類のXBRLデータの圧縮ファイルを、過去1か月程度遡ってダウンロードすることができます。
それ以前のXBRLデータについては、「書類検索」ページで検索・ダウンロードできます。
 
EDINETタクソノミ及びコードリスト
EDINETタクソノミ、EDINETコードリスト及びファンドコードリストのダウンロードを行うことができます。
 
XBRLからCSVへの変換ツール
指定したXBRLデータから抽出した値と、指定した変換ルール定義ファイルとを照合し、取得した変換後文字列をCSV形式のファイルに出力する「XBRLからCSVへの変換ツール」をダウンロードすることができます。

ページの先頭に戻る